僕がはてダを始めたたったひとつの理由(またはセルクマをする理由)

自分にとって最高に読みたい記事は、自分にしか書けないから。