読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一円相

過去の日記

2006年11月19日09:56
「この指輪は丸くて欠けた所がありません。これは二人の愛が永遠であることを象徴しています」
結婚式での指輪の交換に於ける牧師の言葉。
Quintessential symbol for the everlasting love

円。
欠けるところも、余すところもない。
始まりもなければ終わりもない。
無限に続く完全なるもの。
円満であること。
永遠に終わることの無い愛。


それを心から信じられる日がまた来る日まで。

Love is patient and is kind; love doesn't envy.
Love doesn't brag, is not proud, doesn't behave itself inappropriately, doesn't seek its own way, is not provoked, takes no account of evil; doesn't rejoice in unrighteousness, but rejoices with the truth; bears all things, believes all things, hopes all things, endures all things.
Love never fails.
愛は寛容であり、愛は情け深い。ねたむことをしない。愛は高ぶらない、誇らない、不法をしない。自分の利益を求めず、いらだたない。恨みをいだかない。不義を喜ばす、真実を喜ぶ。すべてを忍び、すべてを信じ、すべてを望み、すべてを絶える。愛は決して滅びない。(「聖書」)

必要だ。今の自分には愛が。
必要だ。今の自分には無いからこそ。


欠けたところがあるからこそ、不完全であるからこそ、人間らしいのであり、また、完全なるものへ畏怖と敬愛ができる。


それでも。完全を目指すことはやめない。それが必要であるから。

互いに忍び合い、誰かが他の人に不満を抱くことがあっても、互いに許し合いなさい。
これらすべての上に、愛を着けなさい。愛は結びの帯として完全なものです。 (「聖書」)