読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ある女の子

過去の詩


これは夢だろうか




ほかにはなにもなく孤独で生きていたこの地に
ある日、ひとりの女の子が歩いてきた
不思議さ
ここでぼくはひとりぼっちと
あきらめていたはずなのに
なぜだか来るのを知っていたような気がする




ここは
草原 
青い空
青い海
ここにあるすべてが見慣れていて
ありふれていて


草原でただひとりの大きな樹の
ぼくの視線に女の子は気付き
恥ずかしくて僕は言葉を失う


彼女はだまってぼくのそばに腰をおろした





ぬくもり






ぬくもり



なにもないと思っていたここには
彼女の求めるなにかであふれていて
その満たされた表情にはやすらぎを感じる
彼女の頬を伝う涙の訳はなんだろう






ぬくもり




彼女はそっとぼくにくちづけをしてくれた
するとこらえていたなにかが
ぼくの体から急にあふれだした


ぼくのその変化に彼女も気付き
彼女は再び涙を流した
そうして目が覚めた



おしえて
なぜ彼女が涙をながしたのか
おしえて
ぼくには分からないから




ぼくにはわからないから



※2006/03/21 10:55初出*1

*1:「大きな樹」を本歌取り。2006/03/21 19:05「きっと少女は、大きな樹がずっとこらえてきたなにかと同じものを背負っていたから、涙を流したのでしょう」 by coffee