読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Un ange passe.

賑やかな中にも一瞬、偶然に話し声や音楽などの一切が途切れ、瞬時の静寂が訪れる間。


  「天使が通った」


フランスに於ける日常的な言い回しだ。


一瞬水を打ったように静まりかえるのは、神の御使いが、何かを告げるために人々の語らいを阻み、沈黙させたため。
息を潜めて天使の存在を感じ取る。沈黙は繊細さと優しさに溢れ、崇高な高揚感を互いに共有させる。
程なく、何事も無かったかのように誰言うとなく会話の口火を切り、再び、安楽な境地へと誘(いざな)うのだ。


沈黙の美学を興ずるのはなにも仏蘭西だけではない。
手塚治虫が描いた"語らない"漢(をとこ)の美学は僕の理想形のひとつである。以下のシーンは忘れ難い。

  
       
「きみが好きだ。
     心から愛している!」

「やっと
      言ってくださったのね…
      嬉しい!!」

「どうしても
      言えなかった・・・・・・・」

「先生
      キスして!
      お願い」



「手術が終わったら
  この気持ちも
 かき消えてしまうのね」

「いや
  そうじゃない。
  この瞬間は
  永遠なんだ」


     ―「The Encounter めぐり会い : BLACK JACK」


※2007/05/02 16:41初出<関連記事>