読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

静謐であれば

いくら必死にたくさんの
石を海に投げたところで
なにも変わって見えはしない


それでも
来る日も来る日も
投げ続けてきた
僕にはそれしかなかった


いくら力いっぱい大きな
石を海に投げたところで
なにも変わって見えはしない


それでも
来る日も来る日も
投げ続けてきた
僕にはそれしかなかった


むなしさが襲う
イッタイナンノイミガアルトイウノカ


とうとう僕は投げるのをやめた

どれくらい経っただろうか
あれ以来足を運ぶこともなかった
あの海はまだ変わらないままだろうか


あの頃のように石を手に取り
庭の池に投げてみる
石は沈んですぐにまた見えなくなった


だが水面には波紋が広がっていた


そうか
穏やかなところでは
変化はしっかり見えるのか


※2005/04/19 0:45初出